平成29年度 第4回 ふじのくにHumanRights 脚本大賞の選考結果について

4 ふじのくにHumanRights 脚本大賞の選考結果について

32人35作品、県内3人、県外29人。大賞は高齢化をテーマにした所沢の戸津さんに。

 

『ふじのくにHumanRights 脚本大賞』4回めの今回は、北は新潟県、南は高知県高知市まで、全国から32人(うち静岡県内3人)、35作品のご応募をいただきました。応募者の年齢は17歳から79歳まで、幅広い年齢で、ご職業も高校生、会社員、主婦、通訳、司書などさまざまでした。

作品種別の内訳は戯曲25作品、脚本のネタ10作品(小説・エッセイなど本)。とても工夫のある非常に完成度の高い作品や差別・人権を多様な角度から捕らえた作品が多く寄せられました。

昨年12月10日に応募を締め切り、3名の審査員の方々に12月中旬より35作品を読んでいただき、1月27日午後に静岡市内で行われた審査会において、審査員全員一致で以下の作品を受賞作と決定いたしました。

  • 審査員:天野 一 静岡県人権・地域改善推進会会長 静岡県議会議員
  • 岡 康史:静岡県演劇協会事務局長 劇団午後の自転代表 劇作家・演出家
  • 阿部よしみ:静岡県演劇協会理事 フリー 俳優・朗読家・日本語教師

 

◆ふじのくにHuman Rights 脚本大賞 最優秀賞1本)

「夢見る戦士」 戸津 航(とつ わたる)さん 57歳 埼玉県所沢市在住 予備校講師

◆ふじのくにHuman Rights 脚本大賞 優秀賞 3本 

「卒業面」 三井田明日香(みいだ あすか)さん 36歳 千葉県柏市在住 通訳

「うちから そとから」 水元久美子さん 42歳 静岡市在住 主婦

「そうゆう目」  美山はるさん 25歳 大阪府和泉市在住 主婦

ジュニア特別賞 

「わたしはみんなと違う」神野幹暁(ジンノモトアキ)さん 17歳 兵庫県神戸市在住 学生

 

【表彰式について】

6月9日 土曜日、午後1時より、静岡県総合研修所もくせい会館(静岡市葵区鷹匠3-6-1「静岡県職員会館」電話054-245-1595)で開催されます、静岡県人権・地域改善推進会総会の席上にて行います。

 

【受賞作の上演について】

今回の受賞作は、2018年度中に上演の計画です。

 

平成30年1月31日 静岡県人権・地域改善推進会 会長 天野 一

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です