【演劇ワークショップ3nd】篠原久美子の 『心とからだ(ついでに頭)でビビビとわかる!』

二度ある事は三度やる!

中学生から83歳まで、参加者から超大好評のため、調子に乗って、3ndも、やっちゃいます!!!

脚本のつくり方からミニ発表会まで、「目から鱗」の落ちまくる、心ドキドキ、からだワクワクの一日。
2016年10月、12月と合わせて4日間押催され、エンゲキが初めての人からエンゲキのベテランまで約50人が参加され大好評のうちに終わりました。今回は年度末、押し迫ったところでの開催です。

14713628_1100340260044075_4677288084668862890_n

===================
演劇ワークショップ
『心とからだ(ついでに頭)でビビビっとわかる!劇づくり』2nd

===================

【講師】

篠原久美子(劇団劇作家代表)

篠原久美子(しのはらくみこ) 1960年~茨城県出身。横浜市在住。
劇団劇作家代表。昭和音楽大学非常勤講師(台本シナリオ演習)。
公務員、舞台照明家を経て劇作家となる。
1999 年『マクベスの妻と呼ばれた女』で日本劇作家協会優秀新人作品に選出、2000年『ケプラー・あこがれの星海航路』で文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作。 2005年、『ヒトノカケラ』で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。2013年、震災後の演劇を考える児童・青少年演劇劇団協同組合合同公演『空の村号』で斎田喬 戯曲賞。劇作のほか演劇教育にも携わり、2010年、実践記録『子どもたちと一緒に脚本を作る』で、第51回 演劇教育賞・特別賞受賞。

 

【日時】
A 2018年3月24日(土)10:00~16:00(受付9:30から)
B 2018年3月25日(日)10:00~16:00(受付9:30から)

 

【会場】
静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 B1F(多目的実習室)
(〒422-8063 静岡市駿河区馬渕1丁目17-1 TEL:054-255-8440)
※参加者のための駐車場はございません

【対象】
中学生以上~シニア世代までOK

【定員】
25人(両日とも。中学生以上)
※定員になり次第、締切ります。
※2日続けての参加は人数に余裕のある場合のみ受け付けます。
※日にちにより参加経験者と初めての方の人数調整をします。

【参加費】
2,000円(中・高校生は1,200円)
※当日受付にお支払い下さい。

【持ち物】
(1)お弁当、(2)筆記用具、(3)室内履きの靴、(4)体を軽く動かせる服装

【申込み】
■定員なりしだい受付終了としますが、エントリー最終日は2018年3月10日(土)の着信・消印有効です。
(1)氏名(ふりがな)
(2)年齢(2018年3月末時点の満年齢)
(3)住所
(4)電話番号
(5)メールアドレス(携帯かPC)
(6)参加可能日(AかBまたはABとも)。

以上を、下記のいずれかの方法でお知らせ下さい。
参加の可否は追ってご連絡いたします。
(1)  FAX送信
【FAX】054-264-3980
(2)  mailアドレス送信
【送信先】rasengekijo@gmail.com
(3)  ハガキ
【郵送先】420-0812静岡市葵区古庄3-28-7 静岡県演劇協会WS係

【主催】
静岡県演劇協会 (担当090-9178-2866 高岡)

Pocket